ギターイメージ AITANI GUITARトップページに戻る 
最新情報など 最新情報などクラシックギターの魅力四十谷ギター学院についてレッスン内容のご案内  
定期発表演奏会その他の演奏会等よくあるご質問受講生の横顔お問い合わせ  
ギターイメージ

1件〜10件を表示...
※画像をクリックすると、拡大画像を表示します。
朗読と音楽の夕べ 2017 高志の国文学館
2017/09/09

高志の国文学館主催による「朗読と音楽の夕べ」に四十谷隆司が
出演します。
これは、富山県内各放送局のアナウンサーによる文学作品の
朗読と音楽演奏をコラボする、5回シリーズの企画です。

●朗読と音楽の夕べ
●2017年10月6日(金)18時開演
●高志の国文学館ライブラリーコーナー
●入場無料(駐車場は有料)

※前回出演は5年前の2012年10月、文学館オープンの目玉
 として、富山県出身の作家・堀田善衛作品「路上の人」
 を、KNB平島アナの朗読と私のギターで上演しました。

 今回も、同じく堀田作品「日々の過ぎ方〜ヨーロッパさまざま」
 を、KNB柳川明子アナとのコラボです。

●演奏曲目:「アルハンブラの想い出」「スペイン舞曲第五番」他

 やはり、前回同様に、堀田氏愛用のギター「アントニオ・マリン」(文学館所蔵品)も特別に演奏させていただく予定です。
 多数のご来場をお待ちしております。


 
 

ギター・アーツ コンサート 2017 U
2017/08/26

10月15日(日)午後1時開演、第T部のプログラムです。

1.合奏:[夏の思い出」「ドナドナ」「私を泣かせて下さい」「見よ、勇者は還る」 以下独奏:2.エーデルワイス、3.埴生の宿、4.雨だれ、5.ハンガリーの歌、6.宵待草、7.ラルゲット8ソル)、8.タンゴ第3番、9.緑の木蔭にて、10.ソナチネ(パガニーニ)、11.小ロマンス、12.フェステラリアーネ、13.スペイン舞曲第5番

以下、第U部(14時30分頃〜)
14.ワルツ・イ短調(フェレール)、15、祈り(ソル)、16.メヌエット・イ長調(ソル)、17.マリエ―タ、18.鐘の響き、19.プレリュード・ニ長調(チェロ組曲第1番)、20.スペインセレナータ(フェレール)、21.アストリアス、22.エチュード17番(ソル)、23.ガボットTU(リュート組曲第3番)、24.ショーロス第1番、25.ブーレ・ロ短(BWV1002)、26.セビリア

以下、第V部(15時50分頃〜)
27.メヌエット・ト長調(ソル)、28.パバーナ、29.代官の踊り(ファリャ)、30.エチュード19番(ソル)、31.プレリュード第4番(ヴィラ=ロボス)、32.カバティーナ(マイヤ―ス)、33.メヌエット・ニ長調(ヘンデル)、34.カンツォネッタ(メンデルスゾーン)、35.アンダンテ・ラルゴ(ソル)、36.プレリュード・ホ長調(BWV1006a)、37.サラバンドとジ―グ(ヴァイス〜ポンセ)

以下、第W部(17時10分頃〜)
38.フーガ・イ短調(BWV1000)、39.トリーハ、40.朱色の塔、41.シグエンサとセゴビアの王城(トロバ)、42.フーガ・ニ長調(BWV998)、43.グランソロ、44.ソナタ・ニ長調「ボッケリーニ讃」よりU(カステルヌオ―ボ=テデスコ)、45
.ファンダンゴ(ロドリーゴ)、46.ヘンデルの主題による変奏とフーガ(ハリス)

以上、入場無料で、終演は18時30分頃の予定です。
長時間に亘りますので、会場出入りは自由です。多数の御来場をお待ち申し上げております。
 
 

ギター・アーツ コンサート 2017 T
2017/08/26

四十谷ギター学院 第29回発表会(ギターアーツ コンサー(2017)のお知らせ
●期日:10月15日(日)午後1時開演 
●会場:富山国際会議場3Fメインホール 入場無料(駐車場は
有料です)

当学院でギターを学ぶ、入門間もない方から上級の方まで、また、年齢層も小学生から70代まで全ての年代の方が多数出演しす。

今年も出演者が多く、終演は6時30分頃と予想しています。
ギターの名曲を一度に数多く聴ける良い機会と思います。
お誘いあわせのうえ、多数の御来場をお待ちしています。
 

ギター・アーツ コンサート 2016 T
2016/08/11
四十谷ギター学院 第28回発表会(ギターアーツ コンサート2016)のお知らせ
●期日:10月16日(日)午後1時開演 
●会場:富山国際会議場3Fメインホール 入場無料(駐車場は
有料です)

当学院でギターを学ぶ、入門間もない方から上級の方まで、また、年齢層も小学生から70代まで全ての年代の方が多数出演しす。

今年も出演者が多く、終演は6時30分頃と予想しています。
ギターの名曲を一度に数多く聴ける良い機会と思います。
お誘いあわせのうえ、多数の御来場をお待ちしています。
 

パブロ・マルケス ギターリサイタル Y
2016/02/01
本番当日は、(雪国)富山としては奇跡的?とも思われる、
全く雪のない好天に恵まれ、前回同様全席完売、新潟、福井
東京からも御来場いただき、心より感謝申し上げます。

ソルのOp.19は実に上品な音色と、落ち着いた響きで演奏が
始まった。 オペラ「魔笛」の各場面が甦り、至福のひと時。

バリオスはもう何も云うことのない、自家薬籠中、自由自在の
名演!

レギサモンは今回初めて聴いたのだが、「現代ギター」誌の
インタビューにある通り、かなり複雑な内容を孕んでいる様
で新鮮に感じられた。

今回最も興味をそそられたチャバリ、なるほど、セゴヴィアと
同時代のスペインの作曲家の作品、T楽章に現れる単旋律は
まさに「スペインの歌」、そしてV楽章で執拗に使用される
ダブルノートは「ムーア風舞曲」にも通ずるエキゾチックな
雰囲気を醸し出してきわめてエキサイティング。
パブロ自身のこの曲に対する思い入れの強さがひしひしと伝
わってきた。

アンコールは、ソルの「アンダンテ・ラルゴ」これまた上品
極まりない、まことの音楽とはこのようなものなのですよ、
と心静かに諭されるかのような名演であった。
 

パブロ・マルケス ギターリサイタル X
2016/01/29
パブロ・マルケス本人から、チャバリ(シャバリ)の「ソナタ
第二番」についてのメッセージが届きました。

「 エデュアルド・ロペス・チャバリ(1871年1月29日〜1970年10月28日)はスペインのバレンシア生まれのピアニスト、作曲家です。今回演奏する「ソナタ第2番」はF.タレガの弟子であった、ジョゼフィーナ・ロベルドのために作曲されたもので、出版されたのは1954年ですが、実際に曲が書かれたのは、おそらく彼女がまだ活発に活動を行っていた、1920年代の後半か1930年代の前半だと思われます。
この曲はギター・レパートリーとして不当に無視された作品です。それが私が日本でのツアーで、この曲を初演することにした理由です。そして、偶然にもその記念すべき最初の福岡公演の日、1月29日は彼、チャバリの誕生日だったのです!
私はこの美しいソナタを日本の皆さんがとても好きになることを確信しています。
今回、日本で私が初演するチャバリの「ソナタ第2番」は今後、A.ホセの「ソナタ」やJ.マネンの「幻想ソナタ」のような重要なレパートリーになるでしょう。それらの曲をセゴビアは録音せず、長い間忘れられていましたが、再発見され現代に甦り、今では多くのギタリストが演奏するようになったように。
是非お楽しみください」    パブロ・マルケス

これで今回のリサイタルがますます楽しみに
なりました。
 

パブロ・マルケス ギターリサイタル W
2016/01/24
〓お知らせ〓
プログラムが、一部変更となり決定しました。 

Fernando Sor (1778-1839)
Six Airs de la Flûte enchantée de Mozart Op.19
魔笛からの六つのアリア
- Marche réligieuse
- Giù fan ritorno i Genÿ amici
- Fuggite o voi beltà fallace
- O dolce armonia
- Cœur : Grand Isi Grand'Osiri

Agustín Barrios (1885-1944)
フリア・フロリダ、パラグアイ舞曲、ワルツ3.4番
Julia Florida (barcarola)
Danza paraguaya
Vals Op.8 n.3
Vals Op.8 n.4

休憩

Gustavo Leguizamón (1917-2000)
Zamba de Lozano
Carnavalito del Duende
Zamba del carnaval
Chacarera del expediente
Coplas de Tata Dios
Maturana

Eduardo López Chavarri (1871-1970)
Sonata n.2 in D minor
- Moderato - Allegro
- Andante moderato
- Allegro vivace

以上です、バッハを楽しみにしておられた方には
まことに申し訳ありません。しかし、ソルのOp.19
はめったに聴く機会がありませんので、これは楽しみ
とも言えると思います。
シャバリについては全く不明ですが、セゴビアと同時代の
作曲家、三楽章からなるソナタは大作であろうと思われます。


 

パブロ・マルケス ギターリサイタル V
2016/01/22
おかげさまでご好評をいただき、前売り券は完売しました。
ありがとうございました。
当日券は若干ご用意しておりますが、完売の際はご容赦
下さいますよう、お願いいたします。
 

パブロ・マルケス ギターリサイタル II
2016/01/06
チケットは好評発売中、アスネットカウンターと、北日本新聞社
一階プレイガイドでもご購入いただけます。
演奏予定曲目は、チラシ裏に掲載されたリュート組曲第3番(バッハ)
、レギサモンの作品の他、バリオスのワルツ第3番、第4番、最後の
トレモロ等が追加されました。
 

パブロ・マルケス ギターリサイタル
2015/11/15
世界のトップギタリスト、パブロ・マルケスの
ギターリサイタルを開催します。
超満員となった2013年に続き、今回は第二回目と
なります。圧倒的な音楽の力!世界最高峰のギターを
是非ともお聴き下さい。

●2016年1月31日(日)
●北日本新聞ホール
●14:30開演(開場14:00)
●入場料:前売り券3000円(当日券3500円)
     (※全自由席です)
※前売り券ご希望の方は、直接四十谷ギター学院へ
 メールか、お電話下さい。 また、
 アーツナビ(富山県民会館・富山県教育文化会館・
 高岡文化ホール・新川文化ホール)でも販売中です。

お誘い合わせの上、多数のご来場をお待ちしております。
      
 


DIC-Studio created CGIScript.